Glocal Kが注目した九州のニュースをお伝えします

「佐賀バルーンフェスタ」も中止へ 新型コロナ影響 

GlocalK 九州 - 「佐賀バルーンフェスタ」も中止へ 新型コロナ影響 

秋の空を彩る「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」について大会組織委員会は、新型コロナウイルスの…

もっと読む

Glocalk's picks

 国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」も2020年の開催中止が決まりました。海外から選手や観光客が来るような大会やイベントに影響が出ています。一方で、国内の身近な場所を観光するマイクロツーリズムは様々な企画がどんどん計画されはじめています。九州だと1泊すればどの目的地にも行けます。九州を一つの島と捉えたマイクロツーリズムの企画を立てていくと面白いものがいろいろ出てくるのではないでしょうか?新型コロナの感染者が九州域内で落ち着いていれば、九州内で観光を回していくということも可能となります。今こそ、身近なエリアの観光資源を見直して準備する、絶好のチャンスですね。

持留 英樹 - GlocalK 九州

持留 英樹

このメンバーの詳細

持留英樹 代表取締役/コミュニケーションプロデューサー

持留英樹 - 九州にもっと、ワクワクを。
デジタル大変革の時代、ストーリー溢れる九州にはチャンスしか転がっていません。元報道編集長は確信する。

福岡県宗像市出身。「東京と福岡を中央と地方の垂直関係ではなく、ニューヨークとロスのような、文化が違って認め合える水平の関係に変えたい」と訴え2000年にKBC九州朝日放送入社。報道部に配属されANN北京特派員、編集長、報道番組プロデューサーなど歴任。ドキュメンタリー番組でギャラクシー賞入賞2回。すべてがデジタルでつながる時代は「県単位の放送エリア」に縛られない全国・海外を意識した情報発信や課題解決型のプロジェクトが重要になると考え、Glocal Kを立ち上げる。「大変革の時代には、九州にはチャンスしか転がっていない」が持論。

持留英樹 - 九州にもっと、ワクワクを。