Glocal Kからのお知らせ

プレスリリースとブランディングの関係

GlocalK 九州 - プレスリリースとブランディングの関係

 Glocal Kでは報道編集長、報道情報番組プロデューサーの経験がある代表、持留がプレスリリースの書き方研修も行っています。本日も大手企業の若手社員の方々にお話をさせていただきました。

 「プレスリリースなんて大企業や大都市が出すものだ」、「うちは中小企業だからプレスリリースを書いてもどうせ取り上げてもらえない」と諦めている社長もいるかもしれません。しかし、私は中小企業や地域ほどプレスリリースをどんどん出すべきだし、それがブランディングにもつながっていくと考えています。プレスリリースは企業や地域が「自分たちは何者で、どうありたいのか」をメディアを通じて顧客や従業員、株主、地域などのステークホルダーに伝え、良い関係を築くツールだと考えているからです。

 ただ、なかなかマスメディアには取り上げられにくい。そこには理由があります。プレスリリースを選別する編集長やプロデューサーのニーズから逆算して書いていないからです。彼ら、彼女らの行動様式や思考を深く理解して外せない要件を意識すれば、取材で取り上げられる可能性は高まります。プレスリリースは意中の好きな人に書くラブレターのように、メディアの先にあるステークホルダーに向けたラブレターです。広告と違い取り上げる、取り上げないの判断はメディア側にありハードルは高いです。しかしもともと無料で送れるものですし、取り上げられると市場の反応が期待できるだけでなく、社内の士気も高まる、効果の高いコミュニケーションツールです。いまはSNSで拡散もありえますし、さらにリーチが広がる可能性を秘めています。

 プロデューサーにとって外せない要件は、視聴者でもある市民にとっても外せない要件でもあります。そこを意識すれば、「自分達の軸は何か、それは社会にとってどうなのか」を常に考えて行動するトレーニングにもなると思います。それは日常の企画書や提案書づくり、SNSでの情報発信にも生きてくると思います。プレスリリースの書き方研修をきっかけに、ブランディングの第一歩を踏み出してみませんか?

持留英樹 代表取締役/コミュニケーションプロデューサー

持留英樹 - 九州にもっと、ワクワクを。
デジタル大変革の時代、ストーリー溢れる九州にはチャンスしか転がっていません。元報道編集長は確信する。

福岡県宗像市出身。「東京と福岡を中央と地方の垂直関係ではなく、ニューヨークとロスのような、文化が違って認め合える水平の関係に変えたい」と訴え2000年にKBC九州朝日放送入社。報道部に配属されANN北京特派員、編集長、報道番組プロデューサーなど歴任。ドキュメンタリー番組でギャラクシー賞入賞2回。すべてがデジタルでつながる時代は「県単位の放送エリア」に縛られない全国・海外を意識した情報発信や課題解決型のプロジェクトが重要になると考え、Glocal Kを立ち上げる。「大変革の時代には、九州にはチャンスしか転がっていない」が持論。

持留英樹 - 九州にもっと、ワクワクを。